2016-01

リング幅の選び方

atelierTAMARIでは、リングの幅(細さ)をご希望のサイズでお作りしています。

一番細くて1.6mm幅から、0.2mmごとに太くしていけます。

↓上段左から 3mm  2.6mm  2.4mm

下段左から 1.6mm  1.8mm  2mm

画像で並べてもわかりにくいですよね・・!

 

↓2mm幅のリング

2mm幅は女性用サイズなら、どのベースデザインを選んでいただいてもバランス良くお作りできるオススメの幅です。

つけた印象は少し華奢な感じがあります。

アップ料金もありません。価格表はこちら

 

 

↓2.4mm幅

石留めをするなら、この幅がおすすめです。星留めダイヤモンドも留められます。

どのデザインのリングでも選べて、男性用にも人気のリング幅です!

長く使うものなので強度もしっかりしていてほしい、という方は、この幅以上をおすすめします。

 

↓1.8mm幅

こちらは、細身のリングが好きな方にオススメの幅。

どのデザインでも素敵に作れます^^

ダイヤモンドもぎりぎり留められますので、アレンジしやすいです。

細身のリングのメリットは、着けている違和感が少なくて、指輪に慣れない方でも着けやすいこと。

デメリットとしては、細身のリングは、多少曲がりやすかったりしますので、重いものを持つお仕事の方などは避けた方が良いかもしれません。

 

ベースデザインによってオススメの幅を書いていますので、参考にしてみてくださいね。

2016-01-31 | Posted in News

 

金属の種類について

<マリッジリング お作りさせていただく地金の種類について>

マリッジリング(結婚指輪)は、以下の7種類の地金から、お好きな色味をお選びください。

・ゴールド系の地金

K18イエローゴールド(左上)・・定番の色味で、どのデザインにもよく合います。画像は鏡面とマット仕上げ

ピンクゴールド(右下)・・肌の色味に近い18金なので、肌馴染みが良いです。画像は鏡面仕上げ

グリーンゴールド(左下)・・イエローゴールドよりさらに黄味の強い18金。柔らかい地金のため、ベースデザイン「ハンマー」をおすすめします。画像はマット仕上げ

K20イエロー(右上)・・18金よりも、純金の割合の高い地金。オレンジがかったような温かみのある色味です。画像はヘアライン仕上げ

 

・ホワイト系(シルバー系)の地金

上から

プラチナ900(画像はマット仕上げ)・・結婚指輪の定番の地金。

K18ホワイト(画像はマット仕上げ)・・プラチナよりもやや暗めの色。

K18シャンパン(画像はマット仕上げ)・・ホワイトよりもややゴールドがかっています。肌なじみが良い色味

 

鏡面仕上げの画像です。

左から ピンク、イエロー、K20

マット仕上げの画像です。

左から K20  ・イエロー・グリーン・ピンク

↓上から、K18イエロー、ピンク、ホワイト、シャンパン

 

 

 

 

 

 

 

2016-01-31 | Posted in News

 

ダイヤモンドについて

<画像>左から、0.1カラット 0.2カラット 0.3カラット

 

 

エンゲージリング用のダイヤモンドは、デザインご相談の時に

ご予算に合わせて一番良いグレード、中間グレード、低価格グレード

といった風に、ランクごとにご提案させていただいて、その中から1点をお選びいただいています。

 

ダイヤモンドは信頼の置ける鑑定機関で鑑定されたものを購入しています。

ダイヤモンドのグレードとは、いわゆる「4C」という評価で切ります。

カラット:ダイヤモンドの大きさの評価です。大きいものの方が価格が高くなります。

0.1カラット  0.15カラット  0.2カラット の3タイプからお選び下さい。

カラー:ダイヤモンドの色味 Dが最高位で、E,F,G,H,I・・という風に、ランクが下がると徐々に黄色がかっていきます。

クラリティ:傷や内包物の評価。FL  IF  VVS1 VVS2  VS1  Vs2・・・と、FLを最高位に、徐々に傷や内包物があるダイヤモンドになります。

VVS2 までは、10倍に拡大しても発見困難、とされる微細な傷です。

カット:
・EXCELLENT(エクセレント)
・VERY GOOD(ベリーグッド)
・GOOD(グッド)
・FAIR(フェアー)
・POOR(プアー)
の5段階に等級付けされます。

アトリエタマリでは、エクセレント以上のものを使います。カットが美しいダイヤモンドは輝きが全然違います。

さらに、「ハート&キューピット」という、より正確なシンメトリーにカットされたダイヤモンドをご提案しています。

 

↓薬指が0.2カラット台、中指が0.15カラット台になります。

ダイヤモンドが大きくなると、石座とのバランスから、リングアームも多少ボリュームを上げてお作りします。

華奢なエンゲージリングをご希望でしたら、小さめのダイヤモンドをおすすめします。

 

2016-01-31 | Posted in News