2017-01

石留めについて

<石留めについて>

リングにダイヤモンドや天然石を留めることができます。

留め方は以下の4種類からお選び下さい。

種類によって、留められるリングの幅が変わります。詳しくはお気軽にご相談ください!

 

1. ふせこみ 7000円(ダイヤモンドの場合)

石を爪をつけずに地金に埋め込んだ、シンプルな留め方。

大人っぽい雰囲気になります。

リング幅:2mm以上

 

2. 四つ留め 7000円(ダイヤモンドの場合)

小さな爪を4つ付けた、繊細な雰囲気の留め方。

細身のリングでも留められます。

リング幅:1.8mm幅以上

※画像のようにミルグレインを入れる場合は、2mm幅以上

↓ 星留め 8000円

四つ留めで留めた石の周りに、星のような彫りを入れた留め方。

atelierTAMARIで人気の留め方です。

ベースデザイン:ハンマー きらめき ベーシック甲丸 ラウンド

リング幅:2.2mm幅以上から可能ですが、彫りをきれいに見せるなら、2.4mm幅以上がおすすめです

 

4. パヴェ留め 15000円(ダイヤモンド限定 3ピースセット価格)

3石のダイヤモンドを、一箇所にぎゅっとまとめて留めた留め方。

繊細な雰囲気がたっぷりです。

ベースデザイン:きらめき、水面、ベーシック甲丸

リング幅:1.8mm幅以上

 

5. 内側留め 5000円(石の種類によります)ダイヤモンドは7000円

ダイヤモンドはもちろん、色石を使うならおすすめの「内側留め」

外に留める場合に比べると、衝撃がかかりにくいため、ダイヤモンドより強度が低い天然石は

この留め方をおすすめします。

お二人の誕生石を入れたり、結婚する月の石を入れても素敵です。

刻印の入れ方と合わせてお考え下さい。

リング幅:1.8mm以上

 

 

色々な種類の石留めができます。

外側にはダイヤモンドをおすすめしています。カラーダイヤモンドもお取り扱いしていますので

ご希望の色がありましたらお尋ねください!

石留めをされる場合はサイズ直しが難しいことがありますので、サイズ選びはご慎重にお願いします。

石を留めたリングは、優しく扱っていただけると嬉しいです。

 

↓ 上(ふせこみ) 下(星留め)

2017-01-25 | Posted in News

 

仕上げについて

<表面仕上げについて>

マリッジリングの表面仕上げは、基本的には以下の3タイプからお選びいただけます。

 

1・鏡面仕上げ(画像一番下)

ピカピカに磨いた仕上げ。

2・ヘアライン仕上げ(画像真ん中)

少しツヤのあるつや消し仕上げ。こすれたような風合い。サテン仕上げとも呼ばれます。

3・マット仕上げ(画像一番上)

つや消し。サンドブラストとも呼ばれます。

 

 

↓同じベースデザイン(きらめき)でも、このように色や仕上げが違うと雰囲気が変わります。

 

ベースデザインの中で、ハンマー・ハンマーフラット

については、ナチュラルという、金槌で叩いたそのままの風合いもできます。

↓ハンマー プラチナ 上がマット 下がナチュラルです。

 

<仕上げ選びのアドバイス>

・鏡面仕上げ

小傷は目立ちやすいですが、磨きなおすことでまたピカピカに蘇ります。

ご自身でジュエリークロスで磨くこともできます。

 

・ヘアライン仕上げ・マット仕上げ

傷は目立ちにくいですが、ご使用により擦れて艶が出て来ます。

当て直しをすることでもとの風合いに戻せます。

 

・ナチュラル仕上げ(ハンマー・ハンマーフラットのみ)

こちらは、自然な風合いなので、使い込むと徐々にツヤ感を増していきます。

もともとの風合いに戻すことはできませんが、経年変化を楽しめます。

 

リングを最初の仕上げの状態に保つには、使ったら外しておくことですが、

結婚指輪は毎日着けるものなので、そうはいきませんよね!

傷もへこみも、お二人が重ねた時間の証です。

 

仕上げのメンテナンスについては、可能な限り対応しています。

 

↓ K18ホワイトゴールドとイエローゴールドのヘアライン仕上げ(デザイン:round )

 

 

 

 

 

 

2017-01-25 | Posted in News

 

ベース・テクスチャーについて

セミオーダーのマリッジリング選びについて、

最初のステップは形選びです。以下の3つのパターンを選べます。

 

①ラウンド(丸みのあるリング)

 

 

②フラット(平打ち 平らな角のあるリング)

 

 

③ナイフエッジ(真ん中が山になったリング)

 

 

わかりやすいように、同じテクスチャーで比較してみます ↓

①ベースの形「ラウンド」 テクスチャー「ハンマー」

左:K18イエロー 右:プラチナ どちらもナチュラル仕上げ

 

②フラット(平打ち) +  ハンマー

どちらもK18イエロー ナチュラル仕上げ

 

③ナイフエッジ +  ハンマーテクスチャー

左:K18シャンパンゴールド 右:K18イエローゴールド どちらもナチュラル仕上げ

 

 

 

 

次は、テクスチャー「ゆらぎ」で比較します

 

①ラウンド +  ゆらぎ

左:k18イエロー 右:K18シャンパン どちらもマット仕上げ

 

②フラット(平打ち) +  ゆらぎ(全体に)

左:K18イエロー(マット仕上げ)  右:K18シャンパンゴールド(ヘアライン仕上げ)

 

③ナイフエッジ +  ゆらぎ

左:K18ホワイトゴールド(ヘアライン)  右:K18イエローゴールド(鏡面)

 

このように、いく通りものデザインをご一緒に考えていきます。

わからないこと、迷っていることはお気軽にご相談ください!

2017-01-25 | Posted in News